キャッシングについて

キャッシング審査で行われる在籍確認

キャッシングサービスを利用するためにはいくつかの審査を受ける必要があります。基本的にはお店のメンバーズカードを作ったり、携帯電話の契約をする時をイメージするとわかりやすいでしょう。

申し込み時に提出した情報と身分証明証を照らし合わせて本人確認をするのが審査のメインとなりますが、キャッシングの場合はそこにもう一つ返済能力の確認というものが加わります。

お金を借りるわけですから、きちんと返済するだけの収入を持っているのかどうかが大事になるのです。そして、その収入を確認するために行われるのが在籍確認というものになります。

在籍確認とはどういうものか

在籍確認とは簡単に言えば、キャッシングサービス申し込み時に提出された勤め先に電話をかけて本当にその人が職場に存在しているのかどうかを確かめることを言います。

こう言うと何だかとても恐ろしく聞こえるかも知れません。実際に、キャッシングを利用してみたいけれど職場に電話などかけられてはたまらないと躊躇する人は珍しくありません。

しかしこれは本当に、言葉通り在籍の確認を取るだけであって別にその人の実際の収入額を聞き出したり、ましてやキャッシング審査のための電話であると職場に伝えることもありません。

在籍確認電話の具体的な内容

まずキャッシング会社の側が会社名や目的を名乗ることは絶対にありません。これは、わざわざ利用者の不利になるようなことを言って契約を台無しにしたくないという以上に、そもそも法的に名乗ってはいけないことになっているからです。

多くの場合は電話をかける担当者が個人名を名乗り、確認相手を呼び出して欲しいといった簡単な内容の伝えるだけで在籍確認は終了します。

呼ばれた当人が実際に電話に出る必要もありません。とにかく呼び出した相手の名前を会社の他の人間が知っているならそれでいいということです。

どうしても在籍確認されたくない場合は

在籍確認自体はキャッシングに限ったことではなく、たとえばクレジットカードの審査でも行われています。通常は恐れる必要はありませんが、それでも会社が親族経営であるなどどうしても電話をかけてきて欲しくない場合は在籍確認なしで行えるキャッシングサービスを探してみましょう。

現在は申し込みから審査、銀行口座での振り込みまで全てをネット上で済ませることが可能なサービスも登場しています。いくつか条件はありますがよく調べて使いこなしてみましょう。

キャッシング審査で行われる在籍確認・まとめ

在籍確認は収入審査のために必ず行われますが、職場への電話内容は極めて簡素なので恐れる必要はありません。また、どうしても在籍確認されたくない人に向けた在籍確認なしのキャッシングも存在しています。