キャッシングについて

キャッシングとブラックリストについて

キャッシングは計画的に借りれば心強い味方なのですが、しかし同時に審査などが厳しいこともあり中にはブラックリストというものに乗ってしまうと申し込みが非常に難しくなってしまうそうです。

このブラックリストについて今回は説明していきたいと思います。

そもそもブラックリストとは何なのか?

ブラックリストという名前は聞いたことがあると思いますが、これらは特定のキャッシングにおける情報であり実際に現物として存在しているわけではありません。

ではこの情報はいったい誰が管理しているかというと、信用情報機関というところになります。日本では代表的なものに三つがありますが、それぞれシー・アイ・シー、日本信用情報機構、全国銀行個人信用情報センターであり、ほぼ全ての金融機関やキャッシング会社はいずれかに加盟しています。

これによってキャッシングの申し込み時に債務者の情報を提供してもらい、客観的なデータとして審査の基準とするのです。この信用情報機関の情報の中に審査面で大きなデメリットになる情報を持っている人物が、俗に言うブラックリスト入り人物とされるわけです。

代表的なブラックリスト入りしてしまう情報

信用情報機関に登録されている情報には、キャッシングやクレジットカードなどの入会・利用履歴や返済や遅延の情報、債務整理の有無などがあり、それらに対して審査が通りにくくなるものを事故情報となりこれが一般的なブラックリスト入りしてしまう情報になっています。

主なものとしては延滞・強制的な解約・各種の債務整理などがありまして、これらに当てはまらない場合にはブラックリスト入りしていないと考えていいでしょう。

またこの信用情報機関に登録されている情報には不利な点だけではなく、いわゆるクレジットヒストリーやキャッシングヒストリーといった履歴があり、こちらは毎回しっかりと返済をしているとむしろ返済能力がちゃんとあるという証拠になり、審査にプラスになることもあります。

申し込みブラックとは?

最後に一つブラックリストの特殊例として説明しておきたのが、申し込みブラックというものです。この申し込みブラックですが、一か月などの短期間に申し込みを複数件行ってしまうと審査にとても通りにくくなってしまう情報として記録されてしまいます。

このように短期間にいくつもの申し込みをしているということは、自転車操業などを疑われてしまい返済能力が信頼に値しないという判断になってしまうので、審査に通りにくくなってしまいます。

ブラックリストをしっかりと知っておくと申し込みに便利です

このようにキャッシングのブラックリストの情報や条件などを知っておくと、万が一新規申し込みの時にどういった状況だとより審査に通過しやすいというのが分かるので、知っておくのがいいでしょう。