審査に通過するにはどうすればいいか

これまでキャッシングを利用したことが無い方や、利用したとしても、きちんと返済を行っていれば審査に通過できない、ということはまずありません。もちろん、収入があることも条件です。しかし、それ以外の方であってもキャッシングを利用したいでしょう。そのような方に、今回は審査に通過し易くなるための方法をお教えします。

無職の方は仕事に就くこと

無収入の場合は、原則としてはお金を借りることはできません。ですので、無職の方はキャッシングは利用できませんから、まずは仕事に付くことから始めましょう。もちろん、アルバイトでも結構です。消費者金融ならば、アルバイトの方であっても、融資限度額10万円までならまずは融資してもらえるでしょう。しかし、アルバイトを初めてすぐに審査に通過できる、という訳ではありません。アルバイトの方の場合、審査の際に勤続年数に注目されます。勤続年数はそのまま収入の安定に直結します。要は、この人ならば返済期間中に辞めることは無いだろう、と判断する材料が勤続年数なのです。ですので、少なくとも数か月から数年は働いたのちに申し込みをしなければ、手に職を付けたと言えども融資してはもらえませんので、注意しましょう。

多重債務者が新たにキャッシングをしたい場合

原則として、多重債務者は審査に落とされることは間違いありません。多重債務者の一番悪い印象を与えてしまう点は、多数の業者からお金を借りている、と言う点です。借入金額にももちろん左右されますが、多重債務者の場合は、融資を受けていたとしても最低融資限度額の10万円~30万円程度が限界です。融資限度額の低さは、そのまま業者からの信用度を表しています。もちろん、高ければそれだけ信用されている、この人はきちんと返済してくれるからお金を貸しても大丈夫だろうと見なされているということになります。最低融資限度額ということは、まだ信用が作られていない、初めての利用客と同じ程度です。つまり、信用度は最低です。多重債務者はそれでもいいのでお金を借りようとたくさんの金融機関を回ることになるでしょう。そして借りたとしても最低の限度額です。その情報はしっかりと個人信用情報に刻まれます。個人信用情報は金融機関ならばどこでも閲覧できるので、この人はどこからも最低レベルの信用しか得られていない、だから貸してはいけない人だ、という判断をされてしまうのです。対策方法をおまとめローンを利用することです。銀行でも消費者金融でも利用できる、借金の一本化制度ですが、これを利用して一つの業者にまとめてしまえば、少なくとも多重債務者ではなくなるので、新たなキャッシングを利用しやすくなります。

どうしても借りられないのならばクレジットスコアを上げる

クレジットスコアというのは、キャッシング、クレジットを含めたお金の返済を行ってきた記録のようなものです。審査に通過しない人は基本的にこのクレジットスコアが悪い方たちです。ですので、逆にこれを良くすれば審査に通りやすくなるのです。簡単にクレジットスコアを上げるためには、クレジットカードを利用してきちんとすべてのお金を払うことです。特に、特定のお店でしか使えないクレジットカードであっても、クレジットスコアにはきちんと記載されますので、そのようなクレジットカードを作ると、他の用途に使用することもありませんから、お金にルーズな方であってもしっかりと返済を行うことができるでしょう。

審査に通過しやすくするためには、収入を得ること、多重債務者でなくなること、クレジットスコアを良好にすること、この三つが大切です。ブラックリスト入りしている方の場合はどうしようもありませんし、むしろこれ以上利用しないようにしなければならないのですが、それ以外の方であればきちんと審査に通過しない理由がありますので、それらを解決すれば審査には通過できるのです。

・関連サイト